忍者ブログ

徒然日記ブログ版

ネコ達との楽しい日々をちょこっと公開~~~
2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
9月17日(火)


今のクールの深夜のアニメとかは結構出来が良い。

特に気に入っているのは、土曜深夜の「進撃の巨人」「とある科学の超電子砲(レールガン)」
火曜深夜の「銀の匙」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」
これらは全部アニメ。
ドラマ?では、水曜深夜の「孤独のグルメ」月曜深夜の「リミット」金曜深夜の「悪霊病棟」

このクールが終わったら、今度は面白いのはあるのかしら・・・


「銀の匙」は北海道の農業高校が舞台。
畜産なんかも扱うので、育てた豚を食肉にしたりもする。
今夜の放送では、主人公が気に入って育てた豚「豚丼」が、ついに出荷されてしまった。
屠畜するシーンはなかったけど、「お肉」になって帰って来た。

可愛い子ブタだった豚丼。
この子が殺されるなら、もう見ないでおこうと思ったりもしたものだが・・・
主人公も悩んで、考えて生きている。

家畜と言うのは、本来、食肉なり食べる為に飼っている動物。
でも・・・過去に実際に見て来たのは、切れ味の悪い刃物で首を切ったりして・・・どう見ても、残酷で虐待としか思えなかった。
今もトラウマになっている。

命を奪うなら、少しでも苦しめないで行うべきだ。
人じゃなくても、痛い、苦しい、そして怖いと言う感情はあるのだから。
人だけが生きてると言う考えは間違えている。
人の命だけが大切なんじゃないのだ。

世の中、人だけだったら・・・どうなると言うのか。
命を頂いていると言う事を忘れてはいけない。
そして、それ以外で動物を殺すのは、極力無くさないといけない。
人が増えた事、人が世界を牛耳っていると言う事が、他の生き物にとって最悪であってはいけない。
共存しないと、いつか本当に「人だけの世界」になる事だろう。

簡単に殺すのはいけない。
殺さないで済む方法を考えよう。
人類はこの地球のトップの生き物なんでしょ?


けど、私も変。
「進撃の巨人」なんて、毎回何人死ぬ事か・・でも、平気。
豚丼がお肉になるのは正視出来ないってのに・・・
前者は、完全な創作だからか?
いや、違うと思う・・・人は動物であって、動物じゃないからだ。

豚丼のお肉を薫製してるシーンで、「葬式みたいだ」と学生の1人が言った。
主人公は泣かなかった。
私は泣けた。
ネコを霊園に連れて行った時の、あの煙を思い出したからだった。

お空に昇って行く煙・・・
生きていた命が終わった終焉の煙・・・

全ての命は平等だと思う。
虫も人も豚や牛だって。
人メインの世の中だから、不公平、不平等だけど。

死にたくて死んでる命なんてないんだよ。

動物は自殺なんて絶対しないし。

だから、守ろう。
1匹でも救える様に。
無駄にしないでおこう。
大切な命を亡くしてしまった子達の命の証を、決して冷蔵庫の隅で忘れたりしないでおこう。

私も・・・ただ思うだけで終わらない様に、何か出来ないか考えよう。
今は、うちのネコ達が一番の心配ではあるのだけど・・・

拍手[1回]

PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いつでも募集中です!

リンク大歓迎です!
いつでも里親募集中

4500円以上で送料無料!

我家の強い味方

今日のねこともカレンダー


猫友日めくりカレンダー

ねこともNetカレンダー

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

読書しましょ

クリック募金

最新コメント

どうか(返信済)
(11/18)
無題(返信済)
(11/15)
無題(返信済)
(11/08)
無題(返信済)
(11/07)
無題(返信済)
(10/28)

最新記事

プロフィール

HN:
あれい
HP:
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 徒然日記ブログ版 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]